ベテランSEが「システムエンジニアの将来像」について語る

ベテランSEが教える「システムエンジニアになるには」

システムエンジニアになるなら、ここをおさえろ!システムエンジニアを目指すプログラマーのための、システムエンジニア入門!

最新の記事

ベテランSEが教える「システムエンジニアの将来像」

プログラマーからのステップアップがシステムエンジニアだとしたら、その先のステップには何があるのでしょうか?システムエンジニアのキャリアパスや将来像などについて紹介していきます。システムエンジニアになればプログラマーよりも収入は上がりますが、プログラマーもシステムエンジニアも、ITという分野の専門的知識を持つプロフェッショナルです。エンジニアとしての一歩を踏み出してからずっと日進月歩のIT技術についていくためにスキルアップの努力を続けているエンジニア。そのスキルや実績、経験を安売りせずに価値を高めていきたいと思いませんか?

システムエンジニアのキャリアパス

一昔前とは違い、多様化するシステムエンジニアのキャリアパス。日々、新しいものが生まれ続けるIT業界ならではかも知れません。多様化しているからとはいえ、最初にたどる道はほとんどのシステムエンジニアが同じもので、その期間をどうスキルアップしていくかによって、その後のキャリアパスの選択肢に大きな違いが出てきます。プログラマ期間の技術の習得から、システムエンジニアとしてのクライアントやチームとのコミュニケーション能力、そういったもの全てを駆使して、自身のもっともやりたいものを見つけましょう。キャリアパスは、基本の土台をどれほどしっかり固める事が出来るかによって、さらに多様化することが出来ます。 システムエンジニアのキャリアパスの続きはこちら

出世よりも権限が欲しい?システムエンジニアの意外な本音

システムエンジニアは「出世」を望む?!もちろん望む人はいますが、現状は「出世」ではない形で今よりもより良く・・・を望んでいる人が多いよう。出世してしまうと、上司と部下の板挟みに合い、クライアントとの間に感じる責任感もぐっと増え、うまく現場を操作する時間もなかなか・・・なのに収入はイマイチ上がらなくて・・・というイメージがあるのが現実。それでもより良く仕事をするために、あれこれ考えてはいるものの、伝える場も実行する場も与えられていない。そのため、「出世」というよりも「権限を持つ」という立場を望む人がほとんどのようです。 出世よりも権限が欲しい?システムエンジニアの意外な本音の続きはこちら

高給取りのシステムエンジニアになるための自己投資術

高給取りになるということは、いかに「必要とされるか」ということ。それには、着々とスキルアップをしなければなりません。この先に必要となる資格を見極め効率的にポイントへ辿りつく。人とのつながりを大切にできるコミュニティに参加することで知識と情報も自分のものにする。時間をお金で買う。などお金以外のものも投資することで、後の高収入を目指しましょう。本もおススメです。毛嫌いすることなく様々な本を読むことで、世間の移り変わりや、自分のビジネスへのヒントを見つけます。自分の言葉以外を紡ぐ事で考えてもみたかった考えや結果にたどり着けることがあります。本を読むことでたくさんの情報を頭の片隅にいれておけば、必要な時、頭でつなげる事が出来ますよ。 高給取りのシステムエンジニアになるための自己投資術の続きはこちら

ベテランSEがオススメする記事まとめ

システムエンジニアになるために資格は必要か?

システムエンジニアになるために、資格は必要かどうか?という疑問に答えていきます。システムエンジニアという仕事自体は資格も免許も必要はありません。しかし、あえて資格を目指すことで得るものは色々とあります。自分自身の今のスキルを確認し、さらに次を目指すという意味も含めてチャレンジしてみるのは良いことです。持てるスキルを客観的に証明できる唯一のツールが、資格なのです。

上級システムエンジニアになるためのリーダーシップ

上級システムエンジニアになるために、リーダーシップは欠かせません。システムエンジニアとしての経験とスキルが上がれば、プロジェクト全体を監督指揮する立場、プロジェクトマネージャーというポジションが見えてきます。プロジェクトの成功はプロジェクトマネージャーの手腕にかかっているとも言われるほど大切な役割。その役割を果たすために、質のいいリーダーシップは不可欠です。

出世よりも権限が欲しい?システムエンジニアの意外な本音

会社員である以上、出世を目指す。という人も多いでしょう。しかし、システムエンジニアにとって、必ずしも出世を目指すことだけが良いとは限りません。中間管理職としてのポジションと引き換えに、現場から遠ざかり、エンジニアとしての自分がどこか遠くへ行ってしまうケースもあります。システムエンジニアとして高みを目指すために必要なのは、役職というポジションよりも、実質的な権限です。

ページTOPへ

Copyright © 2014 ベテランSEが教える「システムエンジニアになるには」 All Rights Reserved.